紙幣鑑別機・真がん判定装置のパイオニア 松村エンジニアリング

お問い合わせ

オンラインストア

多言語

English

運転免許証識別装置

EXC-2500ZR2

運転免許証年齢識別装置 EXC-2500ZR2

EXC-2500ZR2は運転免許証を挿入するだけで、真贋判定を行う事ができる装置です。

運転免許証年齢識別装置 EXC-2500ZR2

This page is only available in Japan.

  • 特徴
  • 仕様

当社の運転免許証識別装置 EXC-2500ZR2は、運転免許証を挿入するだけで、真贋判定を行う事ができる装置です。

近年、運転免許証を偽造し、悪質な犯罪を行うケースが増えてきており、きちんとした確認が求められています。しかし、運転免許証は目視での確認が非常に困難であることとともに、特性上、確認しすぎると、お客様に不快感を与えるリスクがあります。当社の運転免許証識別装置 EXC-2500ZR2は約3秒で真贋判定を行う事ができ、お客様をお待たせする事がありませんので、そういったリスクも軽減する事ができます。又、ICチップの暗証番号が分からない場合でも、挿入するだけで真贋判定を行う事が可能ですので、殆どの運転免許証を判定する事ができます。当社の機械を導入する事により、不正な運転免許証を利用した悪質な犯罪を防止するだけではなく、機器導入を告知する事により犯罪の抑止効果にも繋がります。

高精度運転免許証識別システム搭載


当社は運転免許証に識別に係る製品を約15年以上取り組んでおります。長年の研究により培ったデータと、精巧な偽造券を見破る紙幣鑑別機にも採用されている光学系センサを用いた当社独自の真贋判定アルゴリズムを併用する事により、ICチップの有無の判定、運転免許証券面の判定、厚み、有効期限の有無の検出等、高精度な識別を実現致しました。

小スペース型スタンドアローン方式


どこでも簡単にご利用出来る様に、運転免許証識別装置EXC-2500ZR2は小スペース型スタンドアローン方式を採用しております。ご使用する際に必要なものはACアダプターをコンセント差し込むだけです。小スペース型を実現しており、(146(W)×136(D)×73(H)mm)カウンター等の狭いスペースで設置する事ができ、ご利用頂く事ができます。

簡単にご利用頂けるシンプルな操作方法を実現


運転免許証を機械に挿入するだけというシンプルな操作方法を実現しました。シンプルな操作方法にすることにより、運用を簡素化し業務負荷を軽減する事に成功しました。判定結果も音声ガイダンスと表示ランプにてお知らせしますので、殆どの方が簡単にご利用及び判定結果を確認頂く事が可能です。お客様に音声ガイダンスので判定結果を聞かれるのが困るの場合については、ボリュームで音量調整及び設定カードにて有効/無効を設定し、対応する事ができます。

最新の情報に対応したアップグレードが可能


運転免許証の仕様変更や新しく偽造免許証が発見された場合、有償にて、上記に対応した最新の状態にアップグレードする事が可能です。

その他特徴


・クリーニングカードにより簡単メンテナンスを実現。
・運転免許証が手で抜ける安心設計(取れなくなることがありません。)
・判定時間:約3秒
・オプションにてPCと接続し運転免許証や住民基本台帳カードのICチップ情報を読み取る事ができるモデル(EXC-2600J)もございます。

納入先例


・地方自治体、運送業、金融機関、司法書士

関連製品

TOPへ