紙幣鑑別機・真がん判定装置のパイオニア 松村エンジニアリング

お問い合わせ

オンラインストア

多言語

English日本語

本人確認装置

EXC-2700

本人確認装置 EXC-2700
本人確認装置 EXC-2700

This page is only available in Japan.

  • 特徴
  • 仕様

本人確認をより早く、より正確に行う『本人確認装置 EXC-2700』


本人確認書類の不正や確認漏れを防止するために、本人確認装置 EXC-2700が、業務をサポートします。

  • 運転免許証以外にも、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カードに対応している為、様々なケースでご利用頂けます。

  • 偽造在留カードや偽造運転免許証による被害を防止します。

  • 本人確認書類の確認から、帳票(確認記録)印刷まで、カード挿入と数回のキーボード操作で行うことができ、業務能率化をサポートします。

  • 窓口での本人確認だけではなく、雇用や契約、申込時のなりすまし対策、セキュリティ施設への入館チェック等の用途にもご利用頂けます。

機能


本人確認装置 EXC-2700には、本人確認業務をサポートする効果的な機能が搭載されています。

  • 両面スキャン機能

    一度の挿入で表裏の両面をスキャンします。表裏の確認やデータ化を短時間で行えます。

  • OCR(文字認識)機能

    画像から氏名、住所などの情報をテキスト情報に変換し、記録することができます。顧客情報や名簿のデータベース作成の補助としても使用できます。

  • 真がん判定機能

    運転免許証、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カードのICチップの情報を読み出し、真がん判定を行うことができます。

  • 暗証番号忘れ対策機能

    暗証番号忘れがある運転免許証については、松村エンジニアリング独自の鑑別アルゴリズムにて券面を確認し、暗証番号忘れでICチップデータを読み出せない場合にも、確認を行えます。
    ※ICチップの読み出しについては、警察庁、総務省、外務省などの仕様に基づき行っております。

  • 帳票(確認記録)印刷機能

    確認した結果は、ワンクリックで帳票(確認記録)として、印刷することができます。PDFでの出力も可能な為、データとして保存することも可能です。
    ※PDFでの出力は、Windows10から標準搭載されている『Microsoft Print to PDF』にて行います。

  • データ連携機能

    確認した結果は、CSV、JPEG、またはTXT形式で出力することが可能です。出力したデータを別システムで利用することができます。

  • ログイン制限機能

    担当者別にログイン制限や権限を設定することができます。

         

導入事例


  • 金融機関 様

    厳格な本人確認とエビデンス(本人確認記録)作成をサポートしました。
    運転免許証やマイナンバーカードの機微情報(センシティブ情報)の自動マスキングにより、従来負担となっていた本人コピー業務の効率化にも効果を発揮しました。

  • 携帯電話販売店 様

    契約時に行う厳格な確認とエビデンス(本人確認記録)作成をサポートしました。
    本人確認書類原本での確認を徹底することができ、窓口従業員の確認による負担を軽減し、業務効率化に効果を発揮しました。

  • 原子力関連施設 様

    入館手続きに行う本人確認の厳粛化をサポートしました。
    カードを挿入するだけで、簡単にセキュリティチェックや入館記録を作成でき、作業の一元化に効果を発揮しました。

  • 外国人雇用企業 様(人材派遣・建築業・工場 等)

    在留者雇用時の厳粛な在留カード確認をサポートしました。
    就労制限や有効期限などの偽造・変造を確認し、不正就労の防止及び社員名簿の作成の負担軽減に効果を発揮しました。

  • 地方自治体 様(市役所 様・区役所 様・町役場 様)

    厳格な本人確認とエビデンス(本人確認記録)作成をサポートしました。
    窓口でカードを挿入するだけで、帳票(カードの両面コピー)印刷ができる為、サービス品質向上にも効果を発揮しました。

  • 運送業企業 様

    ドライバーの運転免許証の有効期限及び不携帯のチェック及び確認記録の作成をサポートしました。
    点呼の際の確認漏れのリスクの軽減に効果を発揮しました。

  • 司法書士 様

    厳格な本人確認をサポートしました。
    地面師(土地や建物の所有者になりすまし、代金をだましとる、又は担保にして金銭を借りる詐欺グループ)の被害に合わない為の予防策として効果を発揮しました。

  • システムインテグレーター企業 様

    顧客が要望されている要件について、必要なデバイスとして提供し、要件実現をサポートしました。
    本人確認装置 EXC-2700は、API(アプリケーションプロミングインタフェース)を使用しすることで、独自のアプリケーションの作成が可能です。
    ※詳しくは、当社までお気軽にお問合せください。

    

運用イメージ


本人確認装置に運転免許証、マイナンバーカード、在留カード等の本人確認書類し、簡単なマウス及びキーボード入力にて操作を行うことができます。

●カードを挿入すると、パソコン画面に表示されるアプリケーション画面のイメージ

本人確認装置

※アプリケーション画面は、一画面で全ての操作を行えるようになっております。余計な画面切り替えやマウス操作によるストレスがありません。

●確認した内容は、帳票(確認記録)としてマウスクリックのみで簡単に行うことができます。

本人確認装置

※帳票のフォーマットは、カスタマイズを行い、独自フォーマットをご提案することができます。


関連製品

TOPへ